子ども子育て新制度とは(新しい幼稚園制度について) その2

3 幼稚園型認定こども園

教育と保育を一体的に行うのが「認定こども園」です。幼稚園型認定こども園は、保育所の機能を有した幼稚園で、地域の子育て支援も行っています。また、幼稚園の部分のみを利用することもできます。
・仕事をしながらお子さんに幼児教育を受けさせたいという保護者にとって有効な教育施設です。
・利用を希望する保護者の方は、市に対して支給認定の申請手続きを行い、1号認定または2号認定または3号認定を受けていただく必要があります(3号認定は施設によります)
・入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり施設(幼稚園型認定こども園)にしていただきます
・保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります(家庭によって保育料が異なります)

 ※1号認定…子どもが満3歳以上で教育を希望される場合
 ※2号認定…子どもが満3歳以上で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合
 ※3号認定…子どもが満3歳未満で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合

幼稚園型認定こども園

4 幼保連携型認定こども園

幼稚園型認定こども園との大きな違いは受け入れ可能な年齢です。幼保連携型幼稚園は従来の保育所の機能をそのまま有しているため0歳の子どもから受け入れている施設もあります(施設によって異なります)。また、幼稚園型認定こども園同様に地域の子育て支援も行っており、幼稚園の部分のみを利用することもできます。
・仕事をしながらお子さんに幼児教育を受けさせたいという保護者にとって有効な教育施設です。
・利用を希望する保護者の方は、市に対して支給認定の申請手続きを行い、1号認定または2号認定または3号認定を受けていただく必要があります
・入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり施設(幼保連携型認定こども園)にしていただきます
・保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります(家庭によって保育料が異なります)
 ※1号認定…子どもが満3歳以上で教育を希望される場合
 ※2号認定…子どもが満3歳以上で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合
 ※3号認定…子どもが満3歳未満で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合

幼保連携型認定こども園 保護者の皆さんへ